2010年03月19日

マイケル・ケンナ写真展 風景に刻まれた記憶

マイケル・ケンナ写真展 風景に刻まれた記憶が
宮の森美術館で開催してます。


雑誌の名前は忘れましたが
とても感動した記憶がありました。

友人の中村歩さんからもお薦めで
観てきました。

やはり感動しました。

マイケル・ケンナ氏の美意識に...


HPより


大地を覆う白い絨毯、ビュランの刻線のような裸の樹々。
静謐な空気に充ちたこれらの冬景色は、わずか20センチ四方の小さな空間にもかかわらず、まるで全身をすっぽりと包み込んでしまうかのように、私たちを深い思索の底へと引き込んで行きます。
イギリスに生まれアメリカを拠点に活動を続ける写真家マイケル・ケンナが、北海道の風景、とりわけ雪と氷の織りなす詩的な光景に惹かれ、撮影を始めたのは2002年のこと。以来ケンナは毎年のように北海道を訪れ、その美しくも剥き出しの野生の中で、被写体との一瞬の出会いを彼の記憶とともにフイルムに収めて来ました。
死と隣り合わせの過酷な厳冬の大地で、折りにふれ出会う人々との温かな交わりに癒されながら。
緊密で純粋な眼差し、シンプルな構図、微かにふるえる光と影、そのあわい。
独自の感性と卓越した技術から生み出された一枚一枚のプリントは、どれも鑑賞者のイマジネーションをかき立て、創造的なインスピレーションに満ち溢れています。それはまさに文字によらない詩の世界といって良いでしょう。 本展では、風景写真の第一人者として世界的に高い評価を受けているマイケル・ケンナの「北海道」及び、30年以上に渡り世界各地で撮影した作品約130点を紹介します。


是非
お薦めです♪

http://www.miyanomori-art.jp/exhibitions/100116_michaelkenna.html

マイケル・ケンナのホームページ http://www.michaelkenna.net





http://www.rakuten.co.jp/lohasherb/










posted by ボスと愉快な仲間たち at 14:03| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/144063905
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。